幻園日記

ポケモンを中心にゲームに関する話題多めの雑記ブログ

雑記:ポケモンとeスポーツ

今回はポケモンとeスポーツについて纏めます。という事で記事を作るきっかけになった記事を紹介します。

 

news.yahoo.co.jp

 

エコノミストも大注目のポケットモンスター縮めてポケモン。今回はポケモンにeスポーツを織りませて語ります。

そもそもeスポーツってなんなのさ?

昔ほど知らない人は少ないと思われますが念の為。

eスポーツとはElectronics Sportsの略です。海外ではチェスやコンシュマーゲームもsportsと定義しています。

 

ゲームだけで食っていく人、つまりプロゲーマーとして一躍有名になったのがウメハラ氏です。


背水の逆転劇

ウメハラ氏がゲームから一度離れる前の動画です。この後、ストリートファイターⅣが稼働するまで麻雀や介護の仕事に携わっていました。復帰してからはもう私達が知っての通りです。

 

また、eスポーツが認知されるきっかけを作ったのはときど氏。EVO2017の優勝が印象深いです。


EVO 2017最終日 GF ときど(L) VS Punk(W)

知らない人のために念の為に言っておきますがときど氏は東大卒でプロゲーマーです。え?と思うのでしょうが本当の話です。

本もあるから読んでね!私も図書館で借りて読みました。面白かったです(語彙力)

 日本でも去年から競技として認知され始めて、色々なゲームで賞金がかかった大会が行われています。

ですけど、日本はビジネス臭がしてしまうんですよね。私の意見ですが。

スプラトゥーンやスマブラ等は分かります。競技性は非常に高いです。パワプロやウィニングイレブンもまぁ分かります。

ですが、またしてもカードゲームと名を借りたじゃんけん大会になりつつあるShadowverseはまだしも何故かパズドラやモンストもeスポーツを推しています。その2つはなんか違う。

しかし、これ以上語ると全然本題に入らないのでパズドラ云々は別の機会にします。

ポケモンバトルはeスポーツになりうるのか

さて、ポケモンの方もeスポーツの件を認知しつつあります。P-Sportsもその例です。


【はじめしゃちょー特番】4/7(土)よる9時放送!P-Sportsの初回はじめしゃちょーバトルシーンを振り返ろう!【P-Sports #1】|ウルトラゲームス【AbemaTV】

 

さて、ポケモンはeスポーツになり得るのでしょうか?

私は今の状態ではNO!といいます。

 

理由は大きく分けて2つです。

 

まず対戦までの敷居が大きすぎる

一つはこれです。

ポケモンは800匹以上居ます。進化前や禁止伝説、幻のポケモンも考慮しても500匹以上居ます。その中から6匹選ばなければなりません。しかも、タマゴにしろ、捕まえるにしろ、厳選から始めないと行けないからです。

f:id:battuxan-houkaisyatyou:20180825013525g:plain

ランドロスで例を上げますと陽気、意地っ張りは勿論、更には腕白、慎重も欲しくなりますし、特殊型もアリなポケモンのため、控えめも欲しいです。ですが、シンボルエンカウントは1匹です。

そうなってくるとソフトをもう一つ買って周回プレイを余儀なくされます。

GTSという手段もありますが大体ハズレ性格か公式大会で使えない過去世代産だったりしますので非現実的です。

乱数調整ならまだしも改造に手を出す人が居るのもこれが原因です。

また、努力値の振り方次第で変わっていくのでその辺りでも面倒な事になります。私も一々努力値を振り直すぐらいなら一から育てたいです。特にガオガエンとかボーマンダとかリザードンとか

ゲームフリークもこれは分かっていて個体値が5つ遺伝するようになる赤い糸や最高孵化効率をする場所を預かり屋のすぐ近くにおいたり、シンボルエンカウントの3つ最大個体値が付くようになったり、レベル100で擬似的に個体値を最大値にするアイテムが登場したりしています。それでも競技として見るのなら冗談抜きで不十分です。

  • 6Vメタモンの配布
  • 夢特性になれるアイテムの実装

少なくともこの2つはしないとダメだと私は思います。

賞金が少ない=費用対効果が少ない

他のゲームの大会と比べてポケモンはかなり賞金が少ないです。

WCSのゲーム部門は1万ドル(約100万)に対し、ポケモンTCG部門は12万ドル(約1300万円)です。

色々とお金がかかる(デジタルじゃない)カードゲームと比べてはいけませんがそれでも約500万円は払ってもいいと思います。

ゲームもお金も大好きだからポケモンはじめました!って人もいてもいいじゃないか。ゲームは好きじゃないがお金は大好きは論外だが

不幸な運要素がバトルに大きく作用してしまう。

厳選の時点でeスポーツから大きくかけ離れているのに更に大きくかけ離れる問題があります。運要素です。

ポケモンは確率で0の成果になってしまう要素が多いです。例えば大文字や雷等の命中不安技。当たれば大きいのですが外すと0です。また、確率で動けない状態異常もありますし、確率で大きなダメージを受けてしまうケースもあります。この場合は盛り上がる要素にはなっても称賛される要素にはなり得ません。

運要素は時にバトルを面白くするスパイスになり得るのですがポケモンの場合、ただの理不尽要素になってしまっているのです。

 

理不尽要素になっているという点で思い出すのがボルバルザーク時代のデュエマ等もそうですが、シャドウバースを思い出します。私も一時期やっていまして、神々の騒乱期にマスターランクになったのですがが悪名高きワンダーランドでアンインストールしました。それ以降復帰もしていません。

何でシャドバを出したかと言いますと、カードが引けないどころが先攻後攻で勝敗が大きく作用してしまうからです。私がアンインストールしたワンダーランド期ですと

ワンダーランドの悪夢
  • クラス共通カードプッシュ完全にクラス関係ない環境に
  • 最大16打点の凶悪フィニッシャー*1があるクラス1強
  • 結果、神々の騒乱期からなる先行ゲームが更に悪化

………蔑称エロコイントスが全てを物語ります。ナーフやスタン落ちで一時は持ち直しましたがまたインフレが起きています……ここらへんは私は知らない領域ですので、その話は別の機会にします。

話を戻します。

来年、Switchでポケモン最新作(レッツゴーピカチュウ/イーブイじゃないよ!)が発売されますがこの時にいつものルールに加えて、より競技性を高めたルールも追加してもいいのではないかと思います。

  • 麻痺:痺れた場合技の威力が落ちる
  • 眠り:攻撃を受けた時一定確率で起きる。(ドラクエみたいなもの)
  • 低命中攻撃技:外れた時に技の威力が低下or能力変化が起こらない
  • 急所:防御系アップ、攻撃系ダウンの能力変化が起こった時のみに発生
  • 回避率アップ技:使用不可かダメージダウン効果
  • フィールドを破壊する通常技の追加(ルガルガンZのみなので)
  • 怯み:一部技以外の確率低下。雪崩連打等で重複しない

これならeスポーツでも十分に耐えうる物になると思います。問題はプレイヤーが変化に耐えられるかどうかですが………

 

参考文献です。

www.mikai.jp

 

私がシングルバトルに興味を持たない理由

最後に、私がシングルバトルではなく、ダブルバトルを好む理由を紹介します。

ポケモンバトルの実況動画はシングルバトルが大体ですし、もこう氏やライバロリ氏等の有名実況者も基本シングルバトルのプレイヤーです。

 

www.battuxan.com

 

この記事の冒頭で話した通り、ダブルバトルはシングルバトルよりも頭を使う要素が多いという点から敬遠しがちなんですよね。私はそこがまず魅力に感じました。

逆にシングルバトルに興味を持てないのは頭を使わないイメージが合ったからですね。使うにしろダブルバトルには到底及ばないと私は思います。それに加えて運要素抜きでもつまらない戦術がダブルではしにくいのもあります。(ダブルでもあるにはあります)

後はやはりWCSの存在です。WCSで繰り広げられるポケモンバトルはどれも熱くさせます。意外なポケモンが大活躍しますし、私も今年のJWCS決勝(マスター)のニドクインの活躍で再びポケモンに復帰しました。


ポケモンWCS2014世界大会決勝戦【マスター】【アリーナ席最前列】

 


【PJCS2018】ゲーム部門決勝「ニドクインで全員倒します!」ニドクイン勝利宣言をしたキムラ選手 VS コスゲ選手の勝利の行方は?|ウルトラゲームス【AbemaTV】

 

逆にシングルバトルはそんな大きな公式大会が無いのです。最近竜王戦があるぐらいです。

先程Pスポーツを取り上げましたが。何故ダブルバトルじゃなかったのか不思議で仕方ないです。WCSのはダブルバトルですし、ビエラ氏、バルドル氏等で四天王も組めるはずです。

後は過去の記事でも取り上げましたがWCSの中継はニコ生以外にも設けてほしいです。

なんで今のご時世にOPENRECやYouTubeでWCS中継をやらないのか不思議で仕方ない。先日行われたJWCSではやったのに……

www.battuxan.com

 

但し、シングルバトルの動画は見ないというわけではありません。とは言っても色んな意味で面白いランドセル氏の動画や唯一見れる(面白いや好きとは言っていない)バーチャルYouTuberのゲーム部プロジェクト(夢咲楓)しか基本的に見ていませんが。

え、ダブルバトルですか?動画自体が少ないのですよ………ビエラ氏の動画は偶に見ますが。

 

www.youtube.com

 

ゲーム部プロジェクト

 

ということ以上がポケモンとeスポーツでした。という事で私は9月のがにゅーオフに向けて厳選します。

*1:勿論、ナーフされた上に今はスタン落ちしている